ハ 橋本 紡カテゴリの記事一覧

彩乃ちゃんのお告げ(橋本 紡/著)

とある新興宗教の教主さま”彩乃ちゃん”。彼女の持つ不思議な力は、関わりのあった人をちょっとだけ幸せにすること・・・。

彩乃ちゃんのお告げは夜散歩、石階段、夏花火の3つの短篇からなる連作集です。読み終えてハードカバーを閉じた今、強烈に続きが読みたいと感じています。新興宗教や新しい教祖。個人的には胡散臭くて毛嫌いする分野の方だったりするのですけれども。

橋本氏の創作する作品になぜこんなにも惹かれるのか、自分の言葉ではまだ上手く表現することができません。でも疲れて熱を持った箇所にそっと冷たいタオルをあてがってくれるような、なんだか優しくなれるイメージがあります。橋本氏の作品を、もうちょっと続けて読んでみようと考えてます。

しつこいようですが、もしも叶うことなら彩乃ちゃんのお告げの続編が読んでみたいです。やっぱり無理なのでしょうね。




気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。