ケ 劇団ひとりカテゴリの記事一覧

陰日向に咲く(劇団ひとり/著)

守備範囲は決して広くはありませんが、このブログでもご紹介しているとおり、本は読む方だと思っています。

今回手にしたのは「劇団ひとり」さん。読む前に抱いていたイメージはタレント本、、でも本を開くとグイグイと引き込まれてしまいました。

内容は連作短編小説になっていて、5つの物語が微妙に交錯します。
文章だから実現できるどんでん返しも、あちこちにちりばめてあり「ここにも……」と何度つぶやいたことでしょう。そして最後は……。

本書をこれから手にしてみようとしている方は、お笑い芸人の「劇団ひとり」さんのイメージはシャットアウトしてください。ここには衝撃デビューを果たした新人作家がいるだけです。楽しいようなちょっと悲しいようなストーリーを、上手に紡ぎだした大型新人です。

わたしは陰日向に咲く、この本1冊で作家「劇団ひとり」のファンになりました。


気になる評価は・・・★★★★★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。